かけがえのないペットだから健康で長生きして欲しい。

一昔前はペットと言えば犬や猫で、番犬やねずみなどの害獣駆除と言う意味合いが大きかったのですが、最近のペットは家族の一員として一緒に暮らしながら成長して癒しまで与えてくれる大切な存在になっています。
その事はペットの名前にも表れていて、昔はポチやタマなど聞いただけでペットだと分かる名前が多かったのですが、最近は人間の名前と間違える様なペットもいるのです。
また犬よりも猫の方がペットとして人気になっている傾向もあります。

そんなペットの食生活も大きく変わっていて、昔は残飯を与えている事が多かったのですが専用のペットフードが登場してからペットの健康を考える飼い主が増えてきたのです。
最近では酵素やプロバイオテックスと言った人間顔負けの健康食品サプリも増えてきて人気になっていますが、これには大きな意味があります。

人間と同じくペットも生活習慣病に罹ってしまう場合があるのですが、その場合動物病院で診察と治療を受ける事になり、治療費が膨れ上がってしまう事もあるのです。
ご存知通り動物病院は保険適用外なので100%実費で支払う為で、大切なペットの為とは言え家計を圧迫してしまいます。

そういった所からもペットの健康は人間と同じく予防医学で考えた方が経済的ですし、共に長生きして天寿を全う出来るのです。
ペットの健康で多くの方が悩んでいるのはやはり肥満で、食事の与え過ぎと運動不足が主な原因となり人間と同じように糖尿病などの生活習慣病にもなり兼ねません。
そういった所からも可愛いからと言って過保護に育ててしまうと後悔する事にもなるので注意しましょう。

ペットも飼い主と共に健康で過ごす為に散歩の距離を伸ばしたり、おやつを欲しがっていても我慢させる躾も大切です。
また最近では人間と同じくペットの保険を扱っている企業もあるので、もしもの時に経済的に困る事にならない様に保険内容を確認して加入する事もお勧めです。
他にもワクチンの接種やノミ、マダニなどの駆除なども定期的に行うと共に動物病院で健康診断を受ける事も忘れない様にしましょう。

ネコの場合は必要なら避妊手術をする事でオスの乱暴だったオスも大人しくなしますし、万が一雑種との交配で必要とされないネコの赤ちゃんで困る事も無いので将来の事を考えてどうするべきか決める事が結果的に健康を守ってくれます。
いずれにしても大切なのは家族の一員として暮らす事によって、過食や運動不足にならない様に気を付ければいつまでも元気なペットとして楽しい生活を送れるでしょう。

Comments are closed.