ペットの健康の為に気をつけること

ペットというものは非常にかわいいものです。
実際に犬を飼っているのですが、家に帰るとうれしそうに尻尾を振りながら走ってきます。
体全体でうれしいという表現をするため、ついつい甘やかしてしまいがちになってしまいます。
しかし、ペットを飼うということは、ペットの生命にきちんとした責任を持つという事です。

実際に甘やかしてばかりいると肥満になったりしてしまいます。
私がペットの健康管理の為に気をつけていることは毎日の散歩です。
室内犬はやはり運動不足になりがちの傾向があります。
そのため朝晩の散歩は欠かすことができません。
中には散歩が嫌いな犬もいると思いますが、散歩の後にきちんとしたご褒美をあげる事で、散歩に喜んでいくようになるのではないでしょうか。
散歩に行く際に気をつけていることが水分補給です。
やはり、ペットも人間と同じく暑い中たくさん散歩をすればのどが渇くはずです。
ペットは人間と違いしゃべる事ができません。
そのため、のどが渇いたなどの要求を伝える事ができないため、様子をみて休憩をしてあげる事も大切だと思います。
目安としては、舌を出して呼吸が荒くなるようでしたら適度な休憩と水分補給だと思います。

mmu散歩の際にはエチケット袋に500mlのペットボトルの水と飲む為の容器で十分では無いでしょうか。
しかし犬によっては散歩がストレスになっていることがあります。
ペットの知らない人間や犬に合うのを怖がる犬の場合は散歩自体がストレスとなってしまう場合があるため、怖がらない範囲で徐々に慣らしていく事も重要です。
このようにどのようなペットであってもストレスを感じる事はあると思います。
動物はストレスが溜まると決まった行動をする傾向があります。

たとえば犬であれば無駄吠えや1ヶ所を舐め続けるといった行動です。
このような行動が見られたときには何らかの問題があると思います。
犬のストレス発散の方法としては散歩のほかにはボールなどで遊んであげる事も重要です。
犬の本能として何かを追いかけて捕まえるというものがあります。
犬にとってはボール遊びはストレス発散、運動不足解消となり結果的に健康にすごす事ができると思います。

 

ストレスの他には部屋の温度管理も重要です。
私は日中仕事の為に留守がちな為、季節に合わせて空調の温度を設定しています。
特に夏場は動物であっても人間と同じように熱中症にかかってしまう為、飲み水と室温に気をつけています。
ペットとスキンシップを取るという行為は、信頼関係を築く上で非常に重要です。
ペットはただ可愛がるだけというのではなく、飼い主が健康面をサポートして長く可愛がってあげるのが重要だと思います。

Comments are closed.