毛玉の処理が上手くいかない猫を助けたい

猫はグルーミングによって全身の毛を飲み込んでしまう事が多いので、その分だけ体毛を定期的に吐き出す必要があります。
しかし我が家で飼っている猫は、ある日から突然に毛玉を吐き出す量が減ってしまい、それと同時に便秘の症状に悩まされる事になったんです。
まずは便秘を改善するために動物病院で診断を受けてみたところ、毛玉症という病気の可能性があると分かりました。

本来は吐き出せるはずの毛玉が内臓に残り、そのせいで排便にも支障が出てきて、便秘の症状が次第に悪化してしまう可能性のある病気との事です。
毛玉を吐き出さなくなってから随分と経っていたので、相当な量の体毛が残っているかもしれないと考えて、急いで医薬品での治療を始めました。
その時は便秘を患う程度で済んだのですが、そこから更に症状が悪化してしまう可能性もあると考えて、治療を始めてからは毛玉症の予防法も実践しています。
ブラッシングを行う回数が不足していると、ペットがグルーミングの最中に飲み込む毛の量が増えてしまうとの事で、ブラッシングも丁寧に行うようになりました。
猫のブラッシング用品の中には、より毛を取りやすいように設計されている製品も多いので、毛玉症の対策として活用させてもらっています。

ストレスも毛玉症の原因になってしまうとの事で、ブラッシングを丁寧に行う事によって、猫のストレスを軽減しようと頑張っている最中です。

夏前になると猫の抜け毛の数も増えてくるので、ブラッシングは特に念入りに行うようにしており、それから毛玉症の症状も起きにくくなっています。

以前であれば毛玉症の症状が悪化している最中に、お腹に触ろうとすると嫌がる事もあったのですが、今では自分からお腹を触ってほしいとおねだりしてくるほど元気です。
便秘の症状が改善しやすいだけでなく、毛玉症対策の効果も意識したキャットフードも販売されているので、そればかりをペットに食べさせるようになりました。
そのキャットフードが幸いにもペットの口に合ってくれたらしく、毛玉の排出をサポートする効果もあってか、便秘の症状にも現在では悩まされていません。

なるべく猫が水を飲みやすいように、家のあちこちにペットの水呑場を作るというのも、毛玉症多作としては役に立っているように感じています。
以前と比べて明らかに猫が水を飲む回数も増えていますし、排便時に辛そうにしている感じもしないので、これからも今の健康法を続けていきたいです。

外耳炎を患った時の対処法を学ぶ

週に一回はペットの耳掃除をしてあげる飼い主さんも多いと聞きますが、我が家では年に一回ぐらいしか、ペットの耳の状態をチェックしていませんでした。
それがいけなかったのか、気付かないうちにペットの耳垢が溜まっていたらしく、ペットがしきりに耳に障ろうとする事が増えていたんです。
最初は耳掃除をしてあげれば、その状態は改善してくるだろうと考えていましたが、耳掃除をしている最中に耳元を見て驚きました。
ペットの耳にかさぶたと腫れのようなものができており、このままでは耳の穴が塞がってしまうのではないかと心配してしまうぐらいです。
これはいけないと動物病院で診察を受けてみたところ、外耳炎を患っていると診断されて、もっと早い段階で症状に気付いてあげればと後悔しています。
定期的に耳をチェックしてあげるだけでも、外耳炎の症状に早く気付けたでしょうし、もっと耳掃除をしてあげれば外耳炎の予防もできたかもしれません。
我が家のペットの場合は病原菌が原因となり、外耳炎を患っている可能性もあると分かり、抗菌薬を使いながら治療を続けていました。
それだけではケアが完璧とは言えないので、病院の先生から正しい耳掃除のやり方なども教えてもらっています。
その際に役立ったのが、粉末やゲルなどの耳掃除の薬品を使うと、その成分が耳に残って雑菌を増やす可能性もあるという情報です。
乾燥しやすい液状の薬品を使いながら耳掃除を行う事で、余計な菌類が耳元に発生しにくくなると分かり、安心して耳掃除を行えるようになりました。
以前にトリミングショップで、ペットの耳毛を全て抜いてもらった事もあったのですが、それが逆に病気を発症する可能性を高めていた事も教えてもらえたんです。
ペットの耳の毛というのは異物などが入り込まないために、ある程度は残しておく必要があると分かり、それからは違うトリミングショップを利用するようになりました。
新しく通い始めたトリミングショップでは、耳の毛も正しく扱ってくれますし、耳掃除のやり方まで心得ているところが安心できます。
きちんと液状の薬品を使いながら耳掃除をしてくれる上に、ペットが耳掃除を嫌がらないようにリラックスさせるコツまで教えてもらえました。
現在ではペットの外耳炎の症状も治まってきており、あのままペットの耳の穴が塞がってしまわないで本当に良かったと思えます。
あまり耳掃除をやりすぎるのも駄目らしいので、耳元のチェックだけでも数日に一回は行うようになりました。

関節に歪みが起きた際に整体を活用する

ちょっとした関節の歪みを見逃していると、その歪みが次第に大きくなってくるからこそ、ペットの足の状態は定期的に確認しておく必要があります。
私はペットの足がO脚状態になっている事に気付けなかったせいで、何度も治療を行う必要があるぐらいに、ペットに辛い思いをさせる事になってしまいました。

ペットのO脚というのは症状が見分けるのが難しく、元々から足がこういう形をしていたと、思い込んでしまう飼い主さんも珍しくありません。
我が家の場合はペットの前足と後ろ足を見比べて、後ろ足だけO脚のように曲がっている事に気付けたおかげで、早いうちに治療を始める事ができました。
もしO脚の状態を放置していると、歩いている時だけでなく座っているだけでもペットがストレスを感じるようになり、自ら寝たきり状態になる場合もあるとの事でした。
そこまで酷い状態になってしまう前に、O脚の治療を開始したのですけれど、それでも治療には随分と時間をかける事になったんです。

ペット用の整体を受けたのも初めてで、施術を受けている最中にペットにかなり痛い思いをさせるのではないかと、何度も心配をしていました。

しかし私が選んだ整体サロンの先生の腕前が良かったのか、まるでマッサージを受けているかのように、ペットが気持ち良さそうに施術を受けてくれています。
こういった施術を定期的に受けとく事も、ペットの健康のためには必要な事だと考えるようになり、現在では定期的に関節のケアを利用するようになりました。
O脚などの症状が悪化しないように、ペットの寝床についても安全性を考えて、硬すぎたり柔らかすぎるクッションを使わないようにしています。

あまり身体に合わない寝具を使っていると、関節に異変が起きてしまうのは人間と動物でも同じ事で、我が家が使っているクッションは柔らかすぎるようでした。
ある程度は関節の形をキープしたまま、ペットがぐっすりと眠りに就けるような寝具を用意してあげる事でも、O脚の症状が改善されているように感じています。
O脚の症状が出ていた頃には、散歩中にペットが走り回っていても、どこか走り方がおかしいと感じる事が何度かありました。

しかし現在では走り方も綺麗になっており、更に可愛らしさも増しているように感じられるのも、O脚の治療を行っておいて良かったと思える理由の一つです。

まとめ

関節痛が起きていても、ペットは痛みを訴えない事が多いとの事で、これからもペットの脚部には注意を払っておきたいと思います

水分不足に注意をするためのメモの取り方

目に見えて分かりやすい病気の初期症状は、人間と比べても少ないのではないかと思えるぐらい、動物の病気には気付きにくいものです。
だからこそ我が家ではペットのために、健康手帳を付けてあげるようにしており、体重の変化をメモしているだけでも役に立っています。
最近どうも食欲が落ちているという異変にも気付けるように、その日の餌の減り具合についてもメモを取るようになりました。
健康手帳を付けておいて良かったと思えたのが、ペットの食欲は以前のままだけれど、体重が急激に落ちてるところに気付けた点です。
どうやらペットに脱水症状のようなものが起きていたらしく、水分不足による身体の異変が少し見られたために、病院で診察を受けさせてもらいました。
私の予想は当たっていたようで、日常的に水分が不足している状態が続いているので、便も硬くなっているとの診断を受けたんです。
診察を受けてからはペットが水を飲みやすくなるように、美味しい水を買ってきてあげたり、定期的に水を入れ替えるといった対処を始めました。
それだけでもペットの脱水症状は改善されてきており、便の硬さもマシになってきたあたりで、ようやく一安心できたのを覚えています。
もし再び脱水症状が起きてしまった時のために、人間用のスポーツ飲料を3倍から4倍に水で薄めて、飲ませてあげると良いというアドバイスも貰いました。
ペットが疲れ切った状態では、自力で水を飲もうとしない事も珍しくないので、シリンジのような水を垂らすための道具も自宅に用意してあります。
動物用のシリンジは形状もよく考えられており、先端が尖っていないので口の中にも挿入しやすく、これならば緊急時にも活用できそうだと感じられました。
事前にシリンジの使い方を勉強して、シミュレーションを行っておくのも、ペットの健康を守るためには必要な事だと考えています。
水分不足による身体の異変に気付くために、それからは健康手帳にペットの便の硬さについてもメモを記すようになりました。
あまりにも便が硬そうだと感じた場合には、餌の種類を変えてあげるだけでなく、水分摂取量を増やすための方法なども考えるようにしています。
ドライタイプの餌ばかりを与えていると、ペットの水分が失われやすくなる可能性も考えて、ある程度は水分を含んだ餌を与えるようにもなりました。
複数の対処を組み合わせる事で、ペットの水分不足を防げるだけでなく、内臓を保護する事にも繋がると考えています。

犬は臭いに敏感なところに注意が必要です

人間と比べて動物はとても鼻が良いですから、人間が気付かないような臭いであっても、嫌だと感じてストレスが溜まっている場合もあります。
我が家の場合は住宅リフォームを行った際に、壁の色合いを塗り直してもらってから、ペットの動きがおかしくて何事かと思わされました。
以前よりもペットがイライラしやすくなったり、突然に吠えながら部屋の中を走り回ったりと、落ち着かない状態が続いていたんです。

ストレスが溜まっているのだろうと一目で分かるぐらい、しばらく部屋の中を走り回ってから、疲れたように眠りに就くという異変が何度も起きていました。
ペットのストレスを取ってあげるために、マッサージなどを繰り返してあげても、一向にペットのストレスが取れてる様子はありません。
これは一度病院で診察してもらった方が良いと考えて、近くにある動物病院に相談をしてみました。

その際に先生から尋ねられたのが、どういうタイミングからペットに異変が起きているのか、心当たりが無いのかという点です。
丁度リフォームを終えたタイミングだったと伝えると、リフォームで使われた塗料の臭いが気になったり、アレルギー反応が起きているかもしれないとの事でした。
それを教えてもらってからは、壁を塗り直していない部屋でペットを寝させてあげるようにすると、今までの異変が嘘のように落ち着いて眠れるようになっています。
人間と比べて嗅覚が鋭いのですから、壁の塗料から出ている臭いに対して、ペットが大きなストレスを感じていたのかもしれません。

そのストレスが原因で病気になってしまう動物も多いとの事で、早い段階でペットの部屋を移動させる事ができて良かったと思えます。
幸いにも強いアレルギー反応のようなものは起きておらず、ただ部屋を変えただけでもペットの状態が良くなったのは嬉しい限りです。

ペットによってはアロマテラピーなども、匂いが気になってストレスを感じる場合があるとの事で、アロマオイルを使う場所も考えるようになりました。
臭いなどが原因でストレスが溜まっていても、部屋を走り回ったりと異変も起きず、態度に示そうともしないペットもいるという点にも注意が必要です。
どんな部屋であっても、定期的に換気をしてあげる事が、ペットが嫌がる臭いが部屋にこもらないための対策になります。

我が家の場合は駆動音も静かな換気扇を取り付けて、部屋の換気を定期的に行う事によって、ペットの健康を守る事を意識するようになりました。

骨肉腫などの足の異変に早期に気付く

痛みを伝える事が人間よりも苦手な動物たちは、飼い主がちょっとした異変に気付いてあげなければ、骨肉腫のような重病を見逃す事になりかねません。
骨肉腫は骨にできるガンの一種で、人間と同じく動物にとっても恐ろしい病気の一つだからこそ、飼い主が初期症状に早く気付いてあげる必要があります。
私は定期的にペットの身体をマッサージして、疲れを取ってあげるようにしていたからこそ、早い段階で骨肉腫ができているかもしれないと気付く事ができました。
日頃からコミュニケーションをとっている飼い主ほど、骨肉腫の初期症状には気付きやすく、足の硬い腫れなどが原因で病気が判明する事が多いです。
我が家で飼っている犬の場合は、足に硬い腫れが起きるだけでなく、散歩中の歩き方が少しおかしいところで身体の異変を疑い始めました。
今までは足をマッサージしてあげると喜んでいたのに、あまりマッサージを喜ばなくなったりと、次第にペットのリアクションが変わってきます。
病気の初期症状を見逃さない事が、ペットの健康にとって大切な事だと以前から考えていたので、早い段階で動物病院で診察を受ける事ができました。
その診断結果が骨肉腫の初期段階との事で、更に重症化する前に病気に気付けて本当に良かったと思えています。
それからはペットの身体が元気になるように、病院の治療を受けるだけでなく自宅での過ごし方についても深く考えるようになりました。
リンパ腫のような病気かもしれないと感じる、しこりが身体にできている場合には、無闇にそこを刺激しないように気を付けています。
あまり強くリンパ腫を刺激してしまうと、がん細胞が全身に広がってしまう可能性もあるためです。
身体の腫れに触れてもペットが痛がらない段階であっても、その身体の腫れはリンパ腫かもしれないと疑うようになりました。
ペットの散歩中の歩き方も注意して見るようになり、足が一本だけ動かし方がおかしいと感じたら、すぐにでも病院で診察を受けるようにしています。
ただの関節痛であったとしても、足を保護するような歩き方を繰り返していると、他の関節にも余計な負担をかける事になりかねません。
それはペットだけでなく人間でも同じ事で、ペットの身体の全身のバランスを保てるように、関節の異変に早く気付けるように気を配っています。
あまり脂っこい料理を食べさせていると、ペットの体重が増えてしまい、関節への負担が大きくなりかねない点にも注意が必要です。

大切なペットたちの簡単健康チェック

可愛いペットたちは、私たちを癒してくれる大切な存在でもあり、愛すべき子たちでもあります。
いまでこそ、多様なペットを飼う人が増えていますが、それでも犬と猫が大半を示します。
人になつきやすく、そして人に対して従順であり愛情を注げばそれだけ返してくれる存在だからこそ、人とのキャッチプレーが出来ます。
そんな大切なペットたちは、言葉を話すことが出来ませんので飼い主は常に可愛がりながらも健康に気遣いをしてあげねばなりません。
今や、犬や猫も人と同じ高齢化しています。
少しでも長く元気に暮らしたいのであれば、健康に気遣をしてあげましょう。
猫は7歳か8歳くらいから、中型件や小型犬は8歳から9歳、大型犬は6歳から7歳にかけて老化が始まります。
このこともしっかりと、頭に入れて今後の健康にも役立てていきましょう。
人には生活習慣病が流行り、メタボリック症候群などがありますが、実はペットたちにも同じように増えています。
そこで、簡単にペットたちの健康をチェックできる方法があります。
それは肉球チェックです。
肉球が乾燥気味ですと、血液が不足している状態です。
身体に栄養が行き届いていなく、貧血や目の病気に冷えや不眠と言った状態が現れ、お腹なの度に毛が生えていない所には、白っぽくなります。
また、肉球は年齢を重ねていくと硬くなりますが、これは特に病気でもありません。
ただ、異常がある場合は固くなりひび割れてしまうこともあります。
肉球に異常を感じたら、病院へ連れていき、治療を受けてください。
ひび割れてしまうと、痛さで歩くことが出来なくなりますので、早々の治療を受けましょう。
肉球でわかるものもありますが、後は飼い主とペットのスキンシップがあるかどうかです。
スキンシップがあれば、常にペットたちの体の異常をきたした場合、すぐに気が付きます。
定期的な検診を受ける事も、重要です。
犬の病気で最も多いのが、外耳炎と皮膚炎に膿皮症や胃腸炎などがあります。
猫は膀胱炎に結膜炎や外耳炎、皮膚炎とあります。
そして、犬と猫の平均寿命は大体がどちらも14歳から15歳です。
今は15歳を超えるペットたちも増えていますから、より健康には気遣いをしてあげたいものです。
ペットたちの健康を保つためには、サプリメントなども販売されています。
さまざまな方法がありますが、一番はストレスを溜めさせない事でしょう。
ストレスが病気になる素の原因にもなっています。

かけがえのないペットだから健康で長生きして欲しい。

一昔前はペットと言えば犬や猫で、番犬やねずみなどの害獣駆除と言う意味合いが大きかったのですが、最近のペットは家族の一員として一緒に暮らしながら成長して癒しまで与えてくれる大切な存在になっています。
その事はペットの名前にも表れていて、昔はポチやタマなど聞いただけでペットだと分かる名前が多かったのですが、最近は人間の名前と間違える様なペットもいるのです。
また犬よりも猫の方がペットとして人気になっている傾向もあります。

そんなペットの食生活も大きく変わっていて、昔は残飯を与えている事が多かったのですが専用のペットフードが登場してからペットの健康を考える飼い主が増えてきたのです。
最近では酵素やプロバイオテックスと言った人間顔負けの健康食品サプリも増えてきて人気になっていますが、これには大きな意味があります。

人間と同じくペットも生活習慣病に罹ってしまう場合があるのですが、その場合動物病院で診察と治療を受ける事になり、治療費が膨れ上がってしまう事もあるのです。
ご存知通り動物病院は保険適用外なので100%実費で支払う為で、大切なペットの為とは言え家計を圧迫してしまいます。

そういった所からもペットの健康は人間と同じく予防医学で考えた方が経済的ですし、共に長生きして天寿を全う出来るのです。
ペットの健康で多くの方が悩んでいるのはやはり肥満で、食事の与え過ぎと運動不足が主な原因となり人間と同じように糖尿病などの生活習慣病にもなり兼ねません。
そういった所からも可愛いからと言って過保護に育ててしまうと後悔する事にもなるので注意しましょう。

ペットも飼い主と共に健康で過ごす為に散歩の距離を伸ばしたり、おやつを欲しがっていても我慢させる躾も大切です。
また最近では人間と同じくペットの保険を扱っている企業もあるので、もしもの時に経済的に困る事にならない様に保険内容を確認して加入する事もお勧めです。
他にもワクチンの接種やノミ、マダニなどの駆除なども定期的に行うと共に動物病院で健康診断を受ける事も忘れない様にしましょう。

ネコの場合は必要なら避妊手術をする事でオスの乱暴だったオスも大人しくなしますし、万が一雑種との交配で必要とされないネコの赤ちゃんで困る事も無いので将来の事を考えてどうするべきか決める事が結果的に健康を守ってくれます。
いずれにしても大切なのは家族の一員として暮らす事によって、過食や運動不足にならない様に気を付ければいつまでも元気なペットとして楽しい生活を送れるでしょう。

ペットの健康の為に気をつけること

ペットというものは非常にかわいいものです。
実際に犬を飼っているのですが、家に帰るとうれしそうに尻尾を振りながら走ってきます。
体全体でうれしいという表現をするため、ついつい甘やかしてしまいがちになってしまいます。
しかし、ペットを飼うということは、ペットの生命にきちんとした責任を持つという事です。

実際に甘やかしてばかりいると肥満になったりしてしまいます。
私がペットの健康管理の為に気をつけていることは毎日の散歩です。
室内犬はやはり運動不足になりがちの傾向があります。
そのため朝晩の散歩は欠かすことができません。
中には散歩が嫌いな犬もいると思いますが、散歩の後にきちんとしたご褒美をあげる事で、散歩に喜んでいくようになるのではないでしょうか。
散歩に行く際に気をつけていることが水分補給です。
やはり、ペットも人間と同じく暑い中たくさん散歩をすればのどが渇くはずです。
ペットは人間と違いしゃべる事ができません。
そのため、のどが渇いたなどの要求を伝える事ができないため、様子をみて休憩をしてあげる事も大切だと思います。
目安としては、舌を出して呼吸が荒くなるようでしたら適度な休憩と水分補給だと思います。

mmu散歩の際にはエチケット袋に500mlのペットボトルの水と飲む為の容器で十分では無いでしょうか。
しかし犬によっては散歩がストレスになっていることがあります。
ペットの知らない人間や犬に合うのを怖がる犬の場合は散歩自体がストレスとなってしまう場合があるため、怖がらない範囲で徐々に慣らしていく事も重要です。
このようにどのようなペットであってもストレスを感じる事はあると思います。
動物はストレスが溜まると決まった行動をする傾向があります。

たとえば犬であれば無駄吠えや1ヶ所を舐め続けるといった行動です。
このような行動が見られたときには何らかの問題があると思います。
犬のストレス発散の方法としては散歩のほかにはボールなどで遊んであげる事も重要です。
犬の本能として何かを追いかけて捕まえるというものがあります。
犬にとってはボール遊びはストレス発散、運動不足解消となり結果的に健康にすごす事ができると思います。

最近では犬用の抗鬱剤もありますが、注意が必要です。その点に詳しいサイトを紹介しておきます・・・ペットくすりで猫の薬を取り寄せる前に獣医さんに相談しましょう

ストレスの他には部屋の温度管理も重要です。
私は日中仕事の為に留守がちな為、季節に合わせて空調の温度を設定しています。
特に夏場は動物であっても人間と同じように熱中症にかかってしまう為、飲み水と室温に気をつけています。
ペットとスキンシップを取るという行為は、信頼関係を築く上で非常に重要です。
ペットはただ可愛がるだけというのではなく、飼い主が健康面をサポートして長く可愛がってあげるのが重要だと思います。

ペットは話す事が出来ないので、飼い主がみてあげる必要があります

当たり前の事ですが、ペットと人間では同じ言葉を話すわけではありません。
以心伝心、意思の疎通が出来るという事もありますが、100%相手が言っている事が分かるかと言ったらそうではないでしょう。
実は我が家にも以前犬が1匹いました。
凄くかわいい子で、私は家族として扱っていました。
ちょうど飼い始めて10年程経過した頃でしょうか、左胸の辺りにぶよぶよとしたものが出来ているのを発見したことがあります。
もしかしたら何か病気かもしれない、そう思って病院に行ったところ、問題ない、ただの脂肪と言う風に言われました。

だったらという事で放置しておいたのですが、それが誤りでした。

その後次第に胸のぶよぶよは膨れて行き、いつの間にか直径1㎝程度のボールのようなふくらみになっていました。
その間にも何度も病院に連れて行ったのですが、やはり病院の方では気にする必要はないという返答だったのでそのまま放置してしまいました。
ぶよぶよしていたのは塊になり、本当にこのままで良いのかと病院に連れて行ったところ、何でもっと早く見せないのかと病院の方で注意されてしまいました。
勿論途中で何度も見てもらったという事は話しましたが、ここまでの状態になるまで放置しておくのは飼い主としての自覚が足りないのではないかと言われてしまった事もあります。
結局私の飼っていた犬はガンでした。

ぶよぶよとしていた時であれば簡単に手術もできたそうですが、この状態になると腹側の皮膚を全て剥ぎ取る必要があるという事で、手術はしない方が良いというのが病院側の意見でした。
ペット自体は快不快を話す事は出来ません。

ただ、SOSは発信していると思います。
後はそれを飼い主がどうキャッチするのか、また気になる事がある場合は病院にすぐに見てもらいましょう。
また1つ目の病院の診察結果に対して疑問を抱いている時はそのまま放置するのではなく、セカンドオピニオンを求める事も必要と言えます。
人間の大人であれば自分で何とか行動を起こすこともできますが、ペットの場合はそういう訳ではありません。
いつまでたっても保護する必要があり、お世話をする必要もあります。
だからこそ、飼い主がちゃんとチェックしてあげる必要があると言って良いでしょう。

後悔しても時間は戻って来ません。
だからこそ、今の状態を良く見る事、些細な変化にも気づいて気を付ける事は、ペットの健康を守って行く為にも飼い主にとって必要な事だと言って良いでしょう。